北の大地からのおたより

2017年10月に、開拓舎の栗田は蕎麦生産者であり開拓舎オーナーでもある大石農場の大石さんと一緒に、アメリカに行ってきました!

そこで見て体験してきたことを「アメリカ蕎麦旅行記」としてご紹介いたします。

きっかけは、いつも蕎麦から

今回の旅は、2016年に開拓舎がアメリカからの視察旅行を受け入れたことがはじまりでした。来日したのは、アメリカで日本食レストランを経営する佐藤さんと、蕎麦を生産するウイリアムズさんファミリーです。

ソバの栽培、製粉、そば粉の卸売り、さらには蕎麦店の運営という、農産物の栽培・生産、流通、販売までをトータルで行っている開拓舎と大石農産を、先進事例としてぜひ参考にしたいとのことでした。

oishi_shisatsu.jpg

(→その様子は " そば耳通信【その弐】日米ソバ農家のトークは、濃くて深くてアツかった!" でご覧いただけます。)

その後、幾度かの交流でお互いに親交を深めていき、2017年に佐藤さんからのご招待でアメリカへの視察旅行が実現しました。

帯広出身、アメリカ在住の佐藤さんを訪ねて

はじめに訪ねたのは、メイン州最大の都市・ポートランドにある「与作」。メイン州はニューヨークから北へ飛行機で約1時間半。幕別町から直線距離で約9700キロ、帯広とほぼ同じ北緯43度に位置しており、気候も北海道とよく似ています。

日本食レストラン『与作』を経営するのは帯広出身の佐藤さんです。店舗があるメイン州ポートランドは港町で、牡蠣やウニなどの新鮮な海産物で有名です。

アメリカでも寿司、刺身、天ぷら、丼ぶり...などなど、日本食は大人気で、『与作』には夏の観光シーズンを過ぎているにも関わらず、大勢のお客様が来店していました。

yosaku_out.jpg yosaku_oishi.jpg yosaku_meishi.jpg

佐藤さんは開拓舎と同じ「蕎麦で健康を応援したい」という願いを持ち、レストランの新たなメニューとして手打蕎麦を追加し、そば粉の販売を通じてアメリカに蕎麦文化を広めようとアクティブに活動されています。

yosaku_sato.jpg
アメリカ在住40年以上の佐藤隆宏さんは、地域の友人たちから"Tak(タック)"と呼ばれています。蕎麦の普及に精力的に取り組む一方で、余暇はアイスホッケーやテニスを楽しんでいるとのこと。とても70歳を超えているようには見えません。

「蕎麦の権威」日本から現る?

15年以上『与作』を経営する佐藤さんは、「15年!長いですね。」とよく言われるそうですが、「15年なんて、まだまだ短いよ!人間ならまだ子供じゃないか」と佐藤さん。その向上心に感服します。
レストランは屋内・テラスと合計160席、従業員は約30名、昼と夜の営業で1日300~500食を提供しているとのことでした。日本人の従業員は1名、その他は外国人でアメリカ人はあまりいないようです。

yosaku_tennai.jpg

お客様がレストランに入ると「いらっしゃいませー!」と、一斉にカウンターから日本語の元気な声が。与作で佐藤さんと一杯飲んでいると、佐藤さんの友人たちも多く来店されました。

「ここで飲んでいて、今日は仕事しないのか?」と友人に聞かれると「日本から"蕎麦の権威"が来てるんだよ!」と答える佐藤さん。
ん~!とても光栄ですが、ちょっと照れてしまう紹介をされました。

蕎麦を生産するウイリアムズさんの畑へ。

次に訪ねたのは、蕎麦の生産者ウイリアムズさんの畑です。(→来日されたときのウイリアムズさんのお話しは大石農産のWEB " 日米ソバ農家アフタートーク「目指すものは健康!」" でもご覧いただけます。)

ウイリアムズさんの畑がある小さな集落リネウスへ、ポートランドから北海道人も驚くほどの長距離を大移動!その様子はまたブログでお知らせします。

LINEで送る

そばと一緒にお出ししている「そば湯」、皆さん飲んでらっしゃいますか?
お好きな方もいれば「白くてドロドロしててちょっと苦手」とおっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は「そば湯」の効能についてご紹介します。

sobayu_001.jpgのサムネイル画像

そもそも「そば湯」とは、そばを茹でた汁のこと。
そば湯を飲む習慣は、信州で始まり、江戸時代の中期には江戸に広まったと寛延4年(1751)に書き上げられた「蕎麦全書」に記されています。

現代の栄養学をふまえて訳すと
そば湯にはミネラルのカリウムが溶け出している。カリウムをたくさん摂取すると、高血圧症の予防になる。だからそば湯を飲むと健康に良い」となります。
健康のためにそば湯を飲むとよい、ということですね。
(→大石農産サイト「蕎麦読本」をご参照ください)

塩分摂りすぎにはそば湯が有効

カリウムは、ナトリウムとバランスを取りながら体内の調子を整える、人には欠かせないミネラルの一つです。カリウムを摂ることによって余分な塩分を排出するという「置換」機能が働きます。
塩分のとりすぎは、高血圧やむくみの原因になると言われていますので、予防のためにカリウムを積極的に摂るとよいとされています。

sobayu_01.png

このカリウムを多く含むのが「そば湯」です。
もともとそば粉にはカリウムが多く含まれているのですが、カリウムは非常に水に溶けだしやすいため、そばを茹でるとゆで汁に大量のカリウムが溶け出してしまいます。そばだけ食べてそば湯を飲まないというのは、せっかくのカリウムを捨ててしまうこと。これはもったいない!
それにしても、そばを茹でることにより流出した栄養素を、そば湯を飲むことで身体に入れようという先人の知恵には驚かされます。

開拓舎のそば湯の特徴

開拓舎のそば湯は、そばつゆに足すタイプではなく、湯のみにそば湯単体でお出ししています。
これは余分な塩分を摂ることなくカリウムを摂っていただきたいためです。どうぞそのままでお飲みください。
また、開拓舎のそば湯は実はゆで汁ではありません。お湯にそば粉を溶いたものです。そのため、かなり濃く、どろりとしているのが特徴です。そばの栄養を余すところなく摂ることができます。

sobayu-02.png

最後に、そば湯はおかわり自由ですので、ぜひお気軽にお声がけくださいね。
そばだけでなく、そば湯まで楽しんでいただけたらと思っております。

<注意事項>
健康な人の場合、例えカリウムを摂りすぎても尿として排出されますが、腎機能が低下している方は注意が必要です。

LINEで送る

dummy_photo.jpgとうとう待ちに待った蕎麦の花が咲き始めました!!

待ち遠しいこの季節。

これからが、美味しい蕎麦ができるまで、あともうひと踏ん張りです!!

私たちスタッフは新そばを使った新メニュー開発に毎日試行錯誤しています。

みなさまに美味しいものをお届けするために日々頑張っています。

LINEで送る
ページトップに戻る