挑戦し続ける佐藤さんとポートランドの魅力に触れて


開拓舎の栗田です。2017年の10月末、蕎麦をアメリカに広めたい!と奮闘中の佐藤さんから招待を受けて大石農産の大石社長とともにアメリカに行ってきました。その様子を4回にわたり「アメリカ蕎麦旅行記」としてご紹介してきましたが、素晴らしい旅路にも終わりがあります。最後までお付き合いいただければ幸いです。

前回までの記事はこちら >> アメリカ蕎麦旅行記(1)アメリカ蕎麦旅行記(2)アメリカ蕎麦旅行記(3)アメリカ蕎麦旅行記(4)

IMG_0100.JPGIMG_0100.JPG
ポートランドの港です。十勝のように広く澄み渡った青空が印象的でした。

夢は叶えるもの、開拓舎も前進します!


satousan0.jpg今回の旅行で特に感銘を受けたのは、ポートランドへ招待してくれた佐藤さんの生き方です。

ポートランドの人、大地、自然を愛しながら「ポートランドに恩返しがしたいんだ」と語る佐藤さんの表情から、熱い気持ちが伝わってきました。

70歳を超えても挑戦し続けている佐藤さんから、熱いパワーをたくさん頂いてきました。佐藤さんは、まさに"レジェンド"です。開拓舎もまた、佐藤さんの頑張りに負けないよう前進していきたいと思います。

IMG_0254.JPG

帰国後の翌年2018年、佐藤さんに進捗状況をお聞きしたところ、今年の夏には新しい手打ち蕎麦のメニューを始め、そば粉の生産販売事業もスタートするよう動いているとのことでした。

佐藤さんの夢が実現しようとしていることを実感し、栗田自身も「私もまだまだ頑張らねば!!」と改めて強く思いました。

メイン州ポートランドを訪れたなら...

今回滞在したポートランドは北緯43度、リネウスは北緯45度に位置しています。この北緯43度前後は、美味しいものがたくさん集まるラインと言われています。北海道で言えば帯広・札幌・釧路あたり、ヨーロッパではワインの有名な産地があります。ポートランドの海産物や農産物を食べていると、北緯43度に美味しいものが集まるって本当だなぁ...としみじみ思いました。

IMG_0276.JPG IMG_0203.JPG

ポートランドというと、札幌の姉妹都市でもあるオレゴン州のポートランドが有名ですが、メイン州のポートランドも本当に良い所です。「もう一度海外に行くならどこがいい?」と聞かれたら、栗田は「もう一度ポートランドへ!」と即答することでしょう。

もし訪れる機会がありましたら、ぜひ日本食レストラン『与作』にお立ち寄りください。
『与作』の情報はこちら >> https://www.yosakusushi.com/

Photographs 



IMG_0073.JPG IMG_00750.jpg
『与作』の近くにあるホテルに連泊。部屋には「良い1日を!」とメッセージが置いてありました。

IMG_0210.JPG IMG_0207.JPG
滞在中に食べたアメリカンな食事とオヤツです。美味しいけれど、毎日食べていたら大変です。

IMG_0289.JPG IMG_0299.JPG
帰国の途へ。ロブスターの形をしたチョコレートがお土産用に売っていました。

アメリカ蕎麦旅行記も今回で終了です。お付き合いいただきありがとうございました。そして開拓舎をこれからもよろしくお願いいたします!

アメリカ蕎麦旅行記 目次

アメリカ蕎麦旅行記(1)
アメリカ蕎麦旅行記(2)
アメリカ蕎麦旅行記(3)
アメリカ蕎麦旅行記(4)
アメリカ蕎麦旅行記(5)

LINEで送る
ページトップに戻る