2017年10月に、開拓舎の栗田は蕎麦生産者であり開拓舎オーナーでもある大石農場の大石さんと一緒に、アメリカに行ってきました!

そこで見て体験してきたことを「アメリカ蕎麦旅行記」としてご紹介いたします。

きっかけは、いつも蕎麦から

今回の旅は、2016年に開拓舎がアメリカからの視察旅行を受け入れたことがはじまりでした。来日したのは、アメリカで日本食レストランを経営する佐藤さんと、蕎麦を生産するウイリアムズさんファミリーです。

ソバの栽培、製粉、そば粉の卸売り、さらには蕎麦店の運営という、農産物の栽培・生産、流通、販売までをトータルで行っている開拓舎と大石農産を、先進事例としてぜひ参考にしたいとのことでした。

oishi_shisatsu.jpg

(→その様子は " そば耳通信【その弐】日米ソバ農家のトークは、濃くて深くてアツかった!" でご覧いただけます。)

その後、幾度かの交流でお互いに親交を深めていき、2017年に佐藤さんからのご招待でアメリカへの視察旅行が実現しました。

帯広出身、アメリカ在住の佐藤さんを訪ねて

はじめに訪ねたのは、メイン州最大の都市・ポートランドにある「与作」。メイン州はニューヨークから北へ飛行機で約1時間半。幕別町から直線距離で約9700キロ、帯広とほぼ同じ北緯43度に位置しており、気候も北海道とよく似ています。

日本食レストラン『与作』を経営するのは帯広出身の佐藤さんです。店舗があるメイン州ポートランドは港町で、牡蠣やウニなどの新鮮な海産物で有名です。

アメリカでも寿司、刺身、天ぷら、丼ぶり...などなど、日本食は大人気で、『与作』には夏の観光シーズンを過ぎているにも関わらず、大勢のお客様が来店していました。

yosaku_out.jpg yosaku_oishi.jpg yosaku_meishi.jpg

佐藤さんは開拓舎と同じ「蕎麦で健康を応援したい」という願いを持ち、レストランの新たなメニューとして手打蕎麦を追加し、そば粉の販売を通じてアメリカに蕎麦文化を広めようとアクティブに活動されています。

yosaku_sato.jpg
アメリカ在住40年以上の佐藤隆宏さんは、地域の友人たちから"Tak(タック)"と呼ばれています。蕎麦の普及に精力的に取り組む一方で、余暇はアイスホッケーやテニスを楽しんでいるとのこと。とても70歳を超えているようには見えません。

「蕎麦の権威」日本から現る?

15年以上『与作』を経営する佐藤さんは、「15年!長いですね。」とよく言われるそうですが、「15年なんて、まだまだ短いよ!人間ならまだ子供じゃないか」と佐藤さん。その向上心に感服します。
レストランは屋内・テラスと合計160席、従業員は約30名、昼と夜の営業で1日300~500食を提供しているとのことでした。日本人の従業員は1名、その他は外国人でアメリカ人はあまりいないようです。

yosaku_tennai.jpg

お客様がレストランに入ると「いらっしゃいませー!」と、一斉にカウンターから日本語の元気な声が。与作で佐藤さんと一杯飲んでいると、佐藤さんの友人たちも多く来店されました。

「ここで飲んでいて、今日は仕事しないのか?」と友人に聞かれると「日本から"蕎麦の権威"が来てるんだよ!」と答える佐藤さん。
ん~!とても光栄ですが、ちょっと照れてしまう紹介をされました。

蕎麦を生産するウイリアムズさんの畑へ。

次に訪ねたのは、蕎麦の生産者ウイリアムズさんの畑です。(→来日されたときのウイリアムズさんのお話しは大石農産のWEB " 日米ソバ農家アフタートーク「目指すものは健康!」" でもご覧いただけます。)

ウイリアムズさんの畑がある小さな集落リネウスへ、ポートランドから北海道人も驚くほどの長距離を大移動!その様子をまとめたアメリカ蕎麦旅行記(2)をどうぞご覧ください。

アメリカ蕎麦旅行記 目次

アメリカ蕎麦旅行記(1)
アメリカ蕎麦旅行記(2)
アメリカ蕎麦旅行記(3)
アメリカ蕎麦旅行記(4)
アメリカ蕎麦旅行記(5)

LINEで送る
ページトップに戻る